【六本木面接対策】キャバクラの面接で落ちる人の特徴

他の地域と比べ、六本木のキャバクラは採用基準が高く、面接で受かるのが難しいと言われています。
六本木にはハイレベルで高級感のあるキャバクラばかり。面接をクリアするためには、キャバクラの面接で落ちる人の特徴を理解しておく必要があります。

六本木のキャバクラは面接に落ちる人も多いので落ちてもへこまない

まず皆さんに言っておきたいのが、六本木のキャバクラは採用基準が高く、面接に落ちる人が多いということです。
だからたとえ面接に落ちてしまっても、そこまで落ち込まないようにしてください。
一般的な面接で印象を良くすることをしていても、落ちてしまうこともあります。それは自分がダメだからというよりは、その店と合わなかったからかもしれません。
あまり落ち込んで自分を追い込みすぎないようにしてくださいね。

面接に落ちやすい人の特徴

では面接で落ちやすい人の特徴はどうなっているのか、その一例を見てみましょう。
下記に当てはまっていたら、六本木のキャバクラで面接をクリアできない可能性が高いため注意してくださいね。

①見た目にガサツさが出ている

見た目にガサツさが出ていると、面接で合格することができません。
ガサツさというのは態度もそうですが、見た目にも表れてしまいます。
たとえば髪の毛がボサボサであったり、鞄がボロボロであると面接官からは「ガサツな女性」だと思われてしまいます。
髪の毛がボサボサだと不潔なイメージを与えてしまいますし、鞄がボロボロだと物を大切にしない人、人前でボロボロの鞄を持っていってもいいと思っている人という印象を与えてしまうのです。
ガサツな女性は六本木の高級感ある雰囲気とは合いません。その街と店の雰囲気に合った人物が求められます。
六本木のキャバクラで働きたいと思っているのならば、ガサツさは直すようにしましょう。

②愛想が悪い・暗い

愛想が悪かったり、雰囲気が暗かったりする人も面接では落ちてしまいます。
キャバクラは接客業、店に来たお客さんをもてなすのが仕事です。愛想の悪いお客さんにもてなされても、お客さんは楽しい思いをしません。
皆さんも飲食店に行ったときに、愛想悪く接客されると不快な思いになりますよね。それと同じなのです。
また、雰囲気が暗いのもNGです。お客さんはキャストとの会話を楽しみに店に来ています。
それなのに肝心のキャストが暗くてまともに話ができないと、何のために店に来ているのかわからなくなってしまいます。
お客さんに楽しい空間を提供するのがキャストの仕事です。素の性格が暗めであっても、接客中は明るくふるまうようにしましょう。

③態度や常識力に欠ける

態度や常識力に欠けている人も、当然ですが面接には合格できません。
まず態度ですが、初対面の面接官に対してタメ口をきいたり、足を組んで座ったりなどは論外です。
キャバクラの面接だからといって、馴れ馴れしい砕けた態度はNG。
それ以前に接客業としての態度ではありません。無礼なふるまいはしないようにしましょう。
これらができていないということは、一般的な常識力に欠けているということ。常識が身についているならば、そもそもこんなことはしません。
特に足組みなどは日常生活でもやりやすく癖になっている方も多いため、うっかり面接中に足を組まないよう注意してください。

キャバクラの面接できちんとすることも大事ですが、面接時や接客時だけではなく、生活の中から直していきましょう。そうすれば、自然と常識的な立ち振る舞いを行えるようになるはずです。
これらのことを意識し、キャバクラの面接でも気合を入れて臨んでくださいね。