意外とみんなやってる…?キャバ嬢におすすめのプチ整形まとめ

キャバ嬢たちは美人な子が多いです。しかしキャバ嬢全てが天然で美人なのかといえば、そうではありません。
中にはプチ整形をしている子もいます。
今回は意外と皆がやっているプチ整形を紹介していきます。

日本人女性の約3割は一生涯のうちで美容整形を受けていると言われる

日本人女性の約3割は、生涯のうちに美容整形を受けているといわれています。約3割という数字は意外と大きいですね。
この記事を読んでいる皆さんの中にも、美容整形をした人はいることでしょう。

美容整形で特に多いのが二重まぶたの整形です。元々日本人は一重まぶたが多い人種なのですが、実際に街を歩いてみると二重まぶたの女性が多いですよね。
これはアイプチなどをしている人もいますが、中には美容整形によって二重まぶたにしている人もいるのです。
キャバクラで働いている嬢たちも例外ではありません。中にはプチ整形だけでなく、プロテーゼを入れたり骨を削ったりなど、がっつち美容整形している人たちもいます。
美容整形というと公言するのが恥ずかしいというイメージがありますが、意外と皆やっているので、そんなに恥ずかしいことではありませんよ。
もし美容整形を受けてみたいと思っているならば、一度カウンセリングに行ってみてはいかがでしょうか。
もちろん美容整形には多額のお金がかかることがあるので、それも考えて選んでみてくださいね。

整形を公言するカリスマキャバ嬢も

画像引用元:https://matome.naver.jp/odai/2143131351441858801/2144164700848155403

中には、整形していることを公言しているキャバ嬢も存在します。
本来整形していることはあまり公言しないと思いますが、こういった人もいるのです。
かつて六本木のキャバクラでも働いたことがある一条ありささんは、歌手の浜崎あゆみに憧れて15歳の頃から整形をしていたと公言しています。
当時の浜崎あゆみは絶大な人気を誇っていましたから、彼女に憧れるのも無理ないですね。
彼女はキャバ嬢としても有名で、3年で1億円もの金額を稼いだといわれています。
月500万円の収入があったようで、キャバクラで大金を稼いでたみたいです。
このように一流のキャバ嬢も整形を公言しているので、皆さんも整形をする選択肢をとった場合でも後ろめたい気持ちになる必要はないのです。

キャバ嬢におすすめのプチ整形

キャバ嬢におすすめのプチ整形がどういうものなのか、その一例を紹介します。

ぱっちりした目に!「二重まぶた全切開法」

まずは二重まぶた全切開法です。キャバ嬢で美容整形している人の多くが、このプチ整形をしているのではないでしょうか。
二重まぶたの整形は美容クリニックで行うことができます。皮膚を切開して余分となっている脂肪を取り除き、縫い合わせてひだを作ります。
これで二重まぶたを作ることができるのです。
二重の幅は医者と相談して決めることができます。外国人のような大きめの幅にするのか、小さめの幅にするのかはお好みです。自分がなりたい二重像通りにしてみましょう。

涙袋を手に入れる「ヒアルロン酸注入」

涙袋がほしいという女性はたくさんいます。これまでに努力で身に着けようとしても、中々手に入らなかったということもあるでしょう。そんな人たちにおすすめなのがヒアルロン酸注入です。
ヒアルロン酸注入をすることで、輪郭形成をすることができます。
涙袋を作ることはそうですが、それ以外にも若返りの効果もあります。若さは女性にとっては命と同等といってもいいくらい大切なものです。ヒアルロン酸注入することで、若さと涙袋を手に入れることができるのです。

シミをなくす「レーザー治療」

肌に残るシミは、存在するだけで美しさを曇らせてしまいます。このシミをとるには、レーザー治療がおすすめです。
レーザー治療は今ではスキンケアとして利用している人がたくさんいます。
整形と聞くとちょっと躊躇いがちになるかもしれませんが、レーザー治療と聞けばやりやすいのではないでしょうか。
シミは栄養摂取などでもある程度は薄めることは可能ですが、どうしても限界があります。
しかしレーザー治療を行うことでこれまでに悩みの種になっていたシミをなくすことができるのです。レーザー治療には結構な金額がかかってしまいますが、シミで悩んでいるならやってみた方がいいかもしれません。