キャバ嬢になるならお金は重要!キャバクラの給料システムと稼げる額

キャバクラで働くとなったら、当然お金のことは気になりますよね。
キャバクラの給料システムがどうなっているのか、仕事を始める前にあらかじめ覚えておきましょう。

キャバクラの給料システム・スライド制について

キャバクラは普通の仕事とは少し給料のシステムが異なっています。
どう違うのかというと、キャバクラの給料の内訳は時給とバックとなっているのです。
バックというのは、簡単にいえばインセンティブのようなものです。たとえばお客さんがドリンクを頼んだときにつくのがドリンクバックで、ドリンクを頼むことでドリンクバック分の金額が給料に加算されます。
バックには上限がありません。稼いでいるキャバ嬢の中にはバックで多くのお金を稼いでいる人もいるのです。
同伴などにもバックがついているので、積極的に行って稼いでいきましょう。

また、時給の形態も少し変わっています。キャバクラの時給はスライド制というものになっています。
どういうものなのかというと、時給が毎月変わるというシステムです。
このスライドは主に3つに分かれており、それぞれ

・指名本数スライド
・売上スライド
・ポイントスライド

と呼ばれています。

指名本数スライド

指名本数スライドというのは、本指名の数によって変動するスライドのことです。本指名1セットで1本換算となっており、本指名の本数が多いほど時給も上がってきます。
この時給の設定は、店によって異なります。一般的な店だと2,000円で、高級店だと3,000円といったところでしょうか。
基本的には高級店の方が設定されている時給が高い傾向にあります。

売上スライド

売上スライドというのは、一ヵ月の売上によって変動していくスライドのことです。
売上は本指名の数によって変動します。つまり本指名が多くて売上が高いと、時給もそれだけ高くなるということです。
売上スライドで儲かる例としては、本指名の数よりも一人のお客さんがどれだけお金を使ったかによります。
本指名の数が少なくても、一人当たりのお客さんが多くお金を使ってくれれば儲かるのです。太客を掴んでいるのならば、こちらの方が稼げるでしょう。

ポイントスライド

ポイントスライドというのは、一ヵ月でとれたポイントに応じて時給が変動するシステムのことです。
ポイントは本指名につき2p、ドリンク1pといった感じで計算されます。ポイントの設定は店によって異なります。
時給はこれら三つの形態に分かれており、自分の努力次第でいくらでも上げることができます。
バックで稼ぐよりも、時給を高くした方が稼ぎやすいです。中には時給が数万円のキャバ嬢もいるので、夢が広がりますね。

キャバ嬢の平均月収ってどのくらい?

キャバクラは自分次第でいくらでも稼げるということはわかりましたね。ではキャバ嬢の平均的な月収はいくらくらいなのでしょうか?

キャバ嬢の月給は、だいたい20万円から50万円くらいの幅があるようです。ということは平均月収だと35万円くらいということになります。
35万円というと一般的な企業でも20代では中々稼ぐことのできない金額です。
キャバクラはその代わりボーナスなどはないですが、この月給を自分の努力次第でさらに上げることもできるので、稼ぐ自信がある人にとっては一般企業で働くよりも稼げるでしょう。

最大年収はどのくらいまでいくのか

では最大年収はどれくらいまでいくのでしょうか。
一例として、キャバ嬢としても有名な門りょうさんの年収を見てみましょう。
彼女は月収1,000万円を超えることもあり、最高月収は3,000万円にまで達したことも。
簡単に計算してみても、少なくとも年収1億円は確実に超えているでしょう。
もちろん誰でもこの額を稼げるわけではありません。彼女の努力が実を結んだ結果、このような金額になっているのです。
しかし同時に皆さんにも可能性があるということです。皆さんの努力次第で、門りょうさんの最高月収や年収を超えることも不可能ではありません。
そのためには並大抵の努力では到達できないということを覚えておきましょう。