キャバ嬢未経験者必見!キャバクラの仕事内容ってどんな感じ?

キャバクラの仕事内容まとめ

キャバ嬢未経験の人は、キャバクラでどういうことをするのか、その仕事内容をよく知らないという方も多いですよね。
仕事を始める前に少しでも仕事内容を知っておくことで、実際に働いたときにイメージ通りに動きやすいかと思います。
今回はキャバクラの仕事内容について紹介します。

①お客さんと会話する

基本となるのは、お客さんと会話をすることです。
キャバクラに来るお客さんは、お店にいるキャバ嬢と話をするために来ています。お客さんを楽しませて満足させて帰ってもらうのも、逆に不満を持たせてしまうのもあなたの会話次第。
キャストとしては、やはりお客さんには楽しんで帰ってもらいたいですよね。
会話内容はその都度変わってきます。会話が得意な人は自然と話題が口から出てくると思います。
会話が苦手な人は、まずは時事から入ってみるといいかもしれませんね。

会話で重要なのは、一方が話してばかりという状況にしないことです。たとえばお客さんが話してばかりだと、お客さんからすると「自分に興味がないのかな?」なんて不安な気持ちになってしまいますし、「面倒だから適当に接客しているのかも」という印象を与えてしまいます。
逆に自分ばかり話していると、接客というよりも単に自分が話したいことを話しているだけになってしまいます。
お客さんとしてはキャバ嬢との会話を望んでいるので、一方的な発言はやはり良く思われません。
コミュニケーションをとることを第一に考えましょう。

②同伴・アフター

同伴やアフターも仕事のうちに入ります。
同伴というのは、キャバ嬢が出勤する前にお客さんと買い物や食事などの時間を過ごし、その後一緒にお店に行き、そのまま出勤すること。
アフターというのは、お店が終わった後お客さんと一緒に食事などに行くことを言います。
アフターは、はっきり言えばサービス残業のようなものです。同伴については「同伴バック」と言って報酬金が出るものの、仕事に時間をあまり使いたくないという人にとってはちょっと面倒かもしれません。
しかし同伴やアフターも立派な仕事の一つです。嫌がらずにやりましょう。
同伴やアフターでは、お店の外でもお客さんを楽しませることを第一にします。
お客さんにとってはデートのようなものですが、キャスト側にとっては仕事と同じなので、失礼のないようにふるまいましょう。
あまり接近しすぎるとお客さんを勘違いさせてしまうこともありますし、逆に割り切っているお客さんにとっては不快な思いをさせてしまうこともあるので、距離は適切に保ちましょう。

③メール(LINE)での営業

メールやLINEでの営業も大切です。
キャバ嬢は仕事外でも仕事をしているもの、と考えましょう。
常にメールをする必要はありませんが、お客さんから連絡が来たのならできるだけ早く返してあげることが大切です。
面倒かもしれませんが、その地道な努力が自分の売上に貢献してくれるのです。
もちろんメールでも失礼の無いようにします。恋人気分を味わわせるくらいならいいかもしれませんが、暴言を吐いたりなどの失礼な言動はとらないようにしましょう。
また、メールで話した内容はしっかりと覚えておくことも大切です。
次回お店に来た時にメールの内容を忘れてしまっては、お客さんも自分に興味がないんだと落胆させてしまうからです。こういった心配りもキャバ嬢には求められます。

細かい気配りが重要!

仕事内容に全力を出すのもそうですが、キャバ嬢には細かい気配りが大切です。
たとえばお客さんがタバコを吸う人であるなら、サッとタバコに火をつけてあげたり、グラスについた水滴や汚れにすぐに気付いて拭き取ったりなど…。こういった小さい心配りが、お客さんを全力でもてなしているという証明になるのです。
お客さんも全力でもてなしを受ければ、当然喜んでくれます。
人間は意外と細かい所を見ているもの。こういった小さなところで人間性が見えてくることもあるので、気配りは忘れないようにしましょう。
それが日常生活で身に着くほどになれば、仕事だけではなく普段の生活も豊かなものになりますね。