東京で最も厳しいって本当?六本木のキャバクラの採用基準

六本木のキャバクラの採用基準は東京で最も厳しい

六本木のキャバクラは、巷では採用基準が東京で最も厳しいと言われています。
これは明確な情報があるわけではないのですが、キャバ嬢たちの間ではそういう噂が広がっているようです。
明確な情報はありませんが、そう思える根拠はありますね。まず六本木といえば、皆さんも富裕層が住んでいるというイメージがあるとおり、他の地区と比べると富裕層が多いです。
ということは必然的に質の高い接客スキルなどが求められてきます。お金持ちというのは、質の高いものに対して大金を払うので、それに見合ったサービスを提供するのが店の責任なのです。
となれば、六本木のキャバクラが採用基準が厳しいのも頷けます。生半可な気持ちでは働くことができないと思った方がいいですね。

容姿に関しては高いレベルが求められる

特に容姿に関しては高いレベルが求められます。
皆さんも、容姿が良いキャバ嬢が集まっている店に行きたいと思っているはずです。それは誰しも同じこと。
しかし、容姿というのは顔のことだけではなく、身なりなども考慮されています。
いくら顔が良くても、身なりが貧相な感じを出しているのであれば、六本木にはふさわしくないといえるでしょう。
それは六本木の街が持っている雰囲気や客層に合っていないからです。
六本木のキャバクラで働くには、それに見合った身なりや立ち振る舞いが求められます。
外見に気を遣うことはもちろん、ゴージャスな雰囲気を纏わせたり、落ちついた女性を演じたりなどが必要になってきますので、覚えておきましょう。

ベストなコンディションで面接に挑もう

もし六本木のキャバクラで働きたいと思っているのならば、ベストなコンディションで面接に挑みましょう。
ベストなコンディションというのは、体調を万全にするという意味ではありません。
もちろん体調を良くすることも大事ですが、ここでいうベストなコンディションというのは、「万全のプロポーションで挑むこと」を指しています。
例えば体型です。キャバ嬢では基本的に太っている人はいません。
もちろんそういった需要もあるとは思いますが、少なくとも六本木のキャバクラには合いません。太っている人は痩せる努力をしましょう。
ただ、痩せていればそれでいいというわけでもありません。太りすぎず、痩せすぎずといった健康的なプロポーションを目指しましょう。
さらにエステなどに通うといいですね。エステは体だけではなく、心もきれいになります。
心身ともにきれいな女性はそれだけで魅力的に見えてくるもの。魅力的な女性は、キャバ嬢にとっては必要不可欠の武器なのです。
皆さんも魅力的な女性になって、六本木のキャバクラでの面接に挑んでみましょう。
面接・体入の流れを経て見事本入店できれば、自分の美しさに自信を持つことができますよ。