痩せたいキャバ嬢必見!キャバ嬢が行うべきダイエット法とは?

キャバ嬢たるもの、見た目にはしっかりと気を遣わなければなりません。
面接時には痩せていても、働き始めたら太ってしまった、では意味がないのです。
今回はキャバ嬢が行うべきダイエット法について紹介します。

キャバ嬢は細い子が多いのでダイエットが必須

キャバ嬢は細い子が多いです。
その理由は、美しさ=スタイルの良さでもあるからです。細い子に美人は多いですが、太っている子に美人が多いかと言われれば、そうではありませんよね。
太っていると脂肪が顔や体につき、見た目を醜くさせてしまいます。キャバクラでは容姿も必要なものとなりますので、痩せて美しくなる必要があるのです。
女性は男性と比べると皮下脂肪が多いため、痩せにくいといわれています。
痩せるのは並大抵の努力では難しいですが、それくらいの苦労をしなくては真のキャバ嬢とは呼べません。
今太っているなと思ったら、ダイエットして痩せる努力をしましょう。

炭水化物の量を抑えることが重要

ダイエットを成功させるには、炭水化物を抜くことが大切です。
食べ物の中で最も太るものといっていいのが、炭水化物です。よく脂っこいものや塩分の多いものが太りやすいといわれていますが、炭水化物を多く食べている方が太りやすくなってしまいます。
その理由は糖質です。米、パン、麺どの炭水化物も糖分が含まれています。
これらは安く買えてかつ腹持ちもいいため、食事ではよく食べる機会も多いです。特にお金がないときは、炭水化物ばかり食べることが多いのではないでしょうか。
しかし、痩せるためには炭水化物の取りすぎはNGです。炭水化物には糖質が多く含まれているため、食べすぎることで太りやすくなってしまいます。
主食なので食べる機会が多いのは仕方のないことですが、炭水化物ばかり食べ過ぎないようにしましょう。
とはいっても、炭水化物を完全に抜くのもNGです。炭水化物を抜くことで確かに痩せることはできますが、痩せてもその後に炭水化物を食べてしまうと、リバウンドしてしまうのです。
これではせっかく痩せても意味がありません。完全に炭水化物を抜くのではなく、量を抑えるといった感じにしましょう。

細い子が多いキャバクラで働いていると意識が高まる

痩せるには、細い子が多いキャバクラで働くのがおすすめです。
なぜかというと、周りが細い子ばかり集まっていることで、「自分も彼女たちに負けないように細くならないといけない」という意識になるからです。
競争心が煽られるため、ダイエットへのモチベーションも上がるのです。
周りが細い子だらけで自分は太っていると、それだけで悪い意味で目立ってしまいます。これではお客さんを掴むこともできません。
細い子がたくさんいる環境で働き、ダイエットへの意識を高めましょう。
また、六本木のキャバクラは細い子が多いのが特徴です。六本木のキャバクラで働くことで痩せやすい環境になると思いますので、自分磨きのためにもぜひ六本木のキャバクラで働いてみてください。

周りの友達にダイエット中であることを伝えるのも良い

ダイエットをするときは、自分だけではどうしても補えないところも出てきてしまいます。
そこで周りの友人やキャストたちに自分がダイエットしていることを伝えておくのも、一つの方法です。
例えば、他のキャストたちがお菓子を食べて雑談しているときに、自分だけ食べていないのは印象を悪くしてしまいます。
その時に自分はダイエットをしていることを伝えると、周りもその認識でいてくれるので協力してくれることでしょう。
また、宣言することで「頑張ろう」という意欲も沸いてきます。皆痩せているのに自分だけ太り気味なのは傍から見ても目立ってしまうので、ダイエットへの意識が高めるためにも周りに自分はダイエットしているということを告げておきましょう。