初心者のためのオススメクラブ ~六本木編~

背景画像

~六本木編~

六本木のクラブは外国人が多くいるのが特徴だと思います。外国人は結構誰彼構わずにナンパしてくるので、笑顔で挨拶だけして華麗にスルーするのがオススメです。英語が分からないからとなんとなく話を合せたり、着いていっちゃったりすると危ないこともあるので、基本的にはスルー、良い人そうだったらお話に付き合ってあげるのもありだと思います。そんな風に自分で気を付けていれば、六本木のクラブでも楽しめるはずです。以下は六本木でも比較的安全で行き易いクラブです。

高級感漂う大箱「FERIA」

六本木のクラブと言えばここ、FERIAです。地下1階から4階まで5つの異なるフロアがあり、シーンごとに違った使い方が出来るのが特徴です。地下1階はダンスフロアになっていて、DJが心地よい音楽と映像を流しています。ここは天井までが7メートルもある吹き抜けのような形になっているので、とても開放感があり、気持ちの良いフロアです。1階部分はレストランになっていて、下で踊っている人たちを眺めながらお酒を飲んだり食事をしたりといったことが出来ます。2階はブラックミュージックを中心にしたフロアで、こちらも連日多くの人で賑わっています。3階は大人向けのパーティフロアで、趣向を凝らした内装がセレブ感を演出しています。4階はテラスになっていて、六本木の街を見下ろしながら様々なカクテルを飲むことができ、とってもオシャレでデートにも使えます。高級感漂うこのクラブは、入場料も他のクラブと比べるとお高く、そのためかとても落ち着いています。年齢層も30代が中心で、外国人も多いです。ただフロアがきっちり分かれているのでとても使い勝手が良く、一人でいっても大人数でいっても楽しいクラブなのでおすすめです。

六本木を代表するクラブ「V2 TOKYO」

もともとはVANITYという名前で営業していた六本木を代表するクラブです。この近辺にあった大箱が次々に潰れてしまった為、いついってもかなり混んでいます。男女比の調整を行っているので、男性は並ばされることが多いかも。2013年5月に風営法違反で摘発されたのですが、その2か月後に現在の名前に変えて再オープンしました。六本木ロアビルの最上階にあり、360度ガラス張りの店内は、東京の夜景を一望できる最高のロケーションとなっています。22時まではお酒とお料理を楽しめるレストランで、それ以降はラウンジへと変わります。音質もよく、高性能なサウンドシステムとDJ機材が良質な音楽を奏でてくれます。また、LEDフロアタイルを導入しており、下からも上からもライトアップされたフロアはとても幻想的です。客層はこちらも30代が中心で、外国人も結構います。

新たな刺客「SIX TOKYO」

こちらのクラブは2013年9月にオープンした六本木の最新店です。V2の入っているロアビルの2階にあります。キャパシティーがワンフロア500人とかなり大きいのが特徴です。世界各国の有名ナイトクラブで使われている最新鋭の音響設備を使っているため、非常に音質がいいです。ラウンジスペースではゆったりめのブラックミュージックを、メインスペースではALLMIXで盛り上がっています。オープン当初は集客に苦労していたようですが、最近は週末は満員になるほど人気です。また、V2が長蛇の列なため、こちらに流れてくるお客さんも多いようです。FERIAやV2に比べると若い人が多い印象です。六本木の新たなナイトスポットとしていま注目されています。

六本木デビューならここ「MUSE」

六本木駅から歩いて10分くらいのところにあるクラブです。男女比の調整や、男性の年齢制限をしているお店で、男女ともに30代以上が多いです。摘発後は一時入場制限が掛かるほど人気となっていたのですが、このクラブ自体も2013年10月に摘発されました。2014年2月に営業を再開し、再び大人気となっています。六本木の中でも有数のナンパ箱で、外国人も多めです。ここはフロアの造りが面白い形になっていて、迷路のように入り組んでいます。入ってすぐのところに二人乗りブランコがあり、ラウンジのようになっていて、その奥がメインのフロアになっています。ソファや椅子も多いので、疲れたときに休憩出来たりと便利です。このクラブは金曜日と土曜日で客層がガラッと変わるのも特徴的で、金曜日は男性の8割くらいがスーツを着たサラリーマンで、土曜日はカジュアルな人がほとんどという感じになります。男性は金曜日にスーツ以外の服装で行くと結構浮いてしまうかもしれません。女性はエントランスフリーですので、サラリーマン好きの方は是非一度行ってみてください。

若い子むけ「NEW LEX」

30代以上の大人向けクラブが多い六本木で、学生や20代前半の若い子向けのクラブとして貴重な存在となっているクラブです。2014年7月に六本木ロアビルの地下1階に移転したばかりで、内装はとっても綺麗です。キャパは200人と小箱ですが、週末には外国のパーティーのような雰囲気が味わえると高い評価を得ています。海外アーティストやモデルもお忍びで立ち寄ることで知られていて、店内には所狭しと有名人の写真やサインが飾ってあり、観ているだけでも楽しいです。若い子が多いので、六本木独特の落ち着いた雰囲気はなく、渋谷っぽい、一言でいえばチャラい雰囲気ですが、そういうのが好きな方にはとっても楽しいクラブだと思います。

都内最大級の真面目なクラブ「BRAND TOKYO」

六本木を代表するクラブが次々と摘発されるなか、「風営法をしっかり守る」という当たり前ながら中々実現できないコンセプトを打ち出したことで注目されているクラブです。セキュリティーがしっかりしていて、荷物チェックやボディチェックもあるので、安心して遊べます。内装・外装ともにとても綺麗でおしゃれです。都内最大級のキャパシティを持つ3つのフロアがあり、それぞれの用途に合わせて使い分けることが出来ます。流れる音楽は初心者にも分かりやすいALLMIXなので、初めてでもノリやすいと思います。ソファーや椅子も多く、男性も女性も自由に座れるので、ゆったりとお酒を飲みながら音楽を楽しむことができます。

復活した六本木の人気クラブ「ColoR」

目の前に六本木ヒルズを望む超好立地にあるこちらのクラブは、2012年にオープンしたわりと新し目のクラブです。昼間はカフェとして営業しており、人気が高かったのですが、2013年8月に閉店。その後、同じ場所で店名を「GOLD CAFE」に変え、営業再開していました。2014年2月に再び名前を「ColoR」に戻し、完全復活となったわけです。年齢層は男女ともに20代~30代が中心で、最新のヒット曲やビルボードTOP40など誰もが知っている曲が選曲されているので、初心者でも馴染み易いと思います。客層はサラリーマン、OL、外国人など様々で、色んな人がいるので人間観察するのも楽しいです。内装もこだわりが見え、日本発の照明機材やインテリアデザインフロアなどが人気です。テラス席もあるので、落ち着いてお酒が飲めます。

初心者のためのオススメクラブ