親日家DJ「カルヴィン・ハリス」

背景画像

親日家DJ「カルヴィン・ハリス」

カルヴィン・ハリスは、スコットランド出身のDJです。MySpaceで自身の楽曲をアップロードして注目を集め、デビューシングルがいきなり英国シングルチャートで10位を記録し、話題となりました。カイリー・ミノーグやリアーナ、ケシャといったミュージシャンの楽曲をプロデュースした経験も持っています。代表曲は2011年に発表した「Feel So Close」です。この曲は全米シングルチャートにて最高18位まで上昇しました。親日家でもある彼は度々来日していて、日本でも高い人気を誇っています。

プロフィール

1984年1月17日に、スコットランドのダムフリースに生まれました。「子供時代はサッカー選手のスティーブ・マクマナマンに憧れていたが、自分はサッカーをプレイしなかった。何故なら彼のようなカーリーヘアを持っていなかったので」と冗談で語っています。ミュージシャンとしての道を本格的に歩み始めたのは、まだ彼が10代の頃でした。その後、デモ制作などで着実に知名度を上げていき、自身のページにアップした楽曲やリミックスが口コミで評判を呼び、全くの無名にも関わらずカイリー・ミノーグの楽曲をプロデュースしたことで一気に注目を集めました。2006年に、ソニーミュージック傘下のコロムビア・レコードと契約し、1年後の2007年にはメジャ―デビューアルバム「I Created Disco」をリリースしました。このアルバムはイギリス国内で10万枚以上を売り上げ、ゴールドディスクを獲得しました。2年後に発表した2ndアルバム「Ready for the Weekend」も同じくゴールドディスクを獲得するなど、高い評価を得ています。シングルの売り上げも好調で、2008年にディジー・ラスカルと共演した楽曲「ダンス・ウィズ・ミー」は英国チャート1位を獲得しました。それをうけて人気が急上昇し、ティン・ティンズやケイティ・ペリー、カニエ・ウエストのリミックスを行うなど全世界からプロデュースやリミックスのオファーが殺到したそうです。日本でも大変な人気があり、彼がプロデュースしたリアーナの大ヒット曲「ウィー・ファウンド・ラブ」は、日本だけでなく世界のクラブで一夜に一回は流れると言われるほどの定番ソングとなりました。同曲の他にも、彼の代表曲である「Feel So Close」「バウンス」「レッツ・ゴー」などを収録したアルバム「18 Months」は、2012年10月にリリースされ、英国アルバム・チャートで初登場1位を獲得しています。

親日家として
初来日は2010年のサマーソニックでした。海外では大型フェスのヘッドライナーとして引っ張りだこな彼は、2012年だけでも2階来日している親日家です。2012年2月には渋谷にて単独公演を2日夜連続敢行しました。2012年8月に出演したサマーソニックでは、クロージング・アクトとして大トリをつとめました。会場はスタジアム・ダンスフロアと化し、大熱狂の中で幕を閉じました。このように、日本でも絶大な人気があることが証明されています。

「Yeah 3x」問題

カルヴィン・ハリスは2011年にリリースされたクリス・ブラウンの楽曲「Yeah 3x」について、「今朝、ラジオから流れるクリス・ブラウンの新曲を聴いたときに、コーンフレークを喉に詰まらせそうになったよ!どういう意味かわかる?」とTwitterでつぶやきました。これはこの曲が、ハリスが2009年に発表した「I'm Not Alone」にそっくりだという意味でした。その後、Twitterでクリス・ブラウンのファンから「あなたの曲なんて誰も知らない」と攻撃を受けるまでに発展しました。これに対しハリスは「何を言おうと、盗作は盗作だ。DJ Frank E(「Yeah 3x」のプロデューサー)のことをリスペクトしているけれど、彼は僕の曲を知っているはずだ」とツイートしました。騒動ののち、クリス・ブラウン本人が2曲を聴き比べた上で類似を認め、カルヴィン・ハリスの本名「Adam Richard Wiles」を「Yeah 3x」の作曲者のクレジットに追加することで騒動は決着しました。この曲はオーストラリア、オーストリア、デンマーク、アイルランド、オランダ、ニュージーランド、スイスおよび英国を含む11か国でトップ10に入る大ヒット曲となりました。

ディスコグラフィー

アルバム

2007年「I Created Disco」
・・・イギリスにてゴールドディスクを獲得。自身のデビューアルバムで、80年代のフィルターを通した自家製エレクトロ・ディスコが魅力の1枚となっている。
2009年「Ready for the Weekend」
・・・イギリスにてゴールドディスクを獲得。また、イギリスのチャートで1位を獲得している。ディジー・ラスカルと共演し全英1位を獲得した「Dance With Me」を収録。
2012年「18 Months」
・・・イギリス・アメリカのチャートで1位を獲得したアルバム。Youtubeで再生回数8億回以上となったカルヴィン・ハリスがプロデュースした大ヒットナンバー「We Found Love」を収録。

初心者のためのオススメクラブ